バレンタインデー 聖バレンタインの日 

未分類

皆さん、EcoxスタッフのMomoです☆もうすぐ2月14日バレンタインデーですね!

昨今では2月の定番イベントとして、皆さんが知っているバレンタインデーですが、一体なぜ「恋人たちの日」として祝われるようになったのでしょうか?その歴史を紐解いていきましょう。

聖バレンタインの記念日

バレンタインの由来は、3世紀のローマにまでさかのぼります。当時のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止していました。そんな中、政策に反対し隠れて多くの兵士たちを結婚させていたのが、キリスト教司祭であるバレンティヌスです。

彼の噂はやがて皇帝の耳に入り、怒った皇帝はウァレンティヌスに、二度とそのようなことがないように、またローマの宗教に改宗するように、と命令しました。しかし、ウァレンティヌスは愛の尊さを説きその命令に従わなかったため、西暦270年頃の2月14日、処刑されてしまいます。

後世の人々は、ヴァレンチノ司祭の勇気ある行動を讃え、彼を愛の守護聖神「聖バレンタイン」としてまつるようになりました。そして、ヴァレンチノ司祭が処刑された2月14日を「Saint Valentine’s Day(=聖バレンタインの日)」と呼び、お祈りをするようになったのです。

恋人同士のイベントになったのは14世紀以降

聖バレンタインの記念日から1,000年以上経過した14世紀以降、2月14日は、恋人同士が贈り物を交換するイベントとして定着していきました。聖バレンタインを悼む宗教行事だったバレンタインデーが、現在のように「恋人たちの日」とされるようになった理由については、諸説あります。

もともと2月14日は、ローマ帝国の時代から、家族と結婚の女神である「ユーノの祝日」とされていた日。人々はくじ引きにより、翌日におこなわれる「ルペルカリア祭」で一緒に過ごす異性を決めていました。この風習に聖バレンタイン伝説が加わったことから、ローマにおいて2月14日は「愛の日」として確立していったと言われているのです。

また、旧暦では2月14日が春の始まりごろであり、鳥がつがいとなる相手を選ぶ季節だと言われていました。そのため愛の告白にふさわしいということで、プロポーズの贈り物をする「恋人たちの日」になったという説もあります。

日本ではどうして広まったのか

日本でチョコレートを女性から男性に贈る文化が定着した理由には諸説ありますが、チョコレート会社の広告が始まりとされています。 当時のチョコレート会社がバレンタイン商戦でキャンペーンを展開したことから、「女性が好きな男性にチョコレートを贈って告白する日」として、バレンタインデーが浸透していったそうです。そのお返しにホワイトデー文化が日本からアジアへ広まったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか?何となく知っていることも調べると面白いですね♪

私は娘とお菓子作りをしようかなと考えていますが、皆さんはどんなふうに過ごしますか?

タイトルとURLをコピーしました